toggle
2017-03-17

サガプリヤ来日


サガプリヤ ワークショップ

サイキックマッサージイタリアでのトレーニング

ワークショップ 親密さ ★ intimacy ★

~内なる男性と内なる女性が出逢うとき~

私達は自然の一部です。自然はいつも陰と陽の間でバランスが取れています。
私達は自然の一部です。自然と同じく、内なる男性と内なる女性という両極を持っています。

しかしそれらはバランスが取れていません。ほとんど全く調和しておらず、いつもハーモニーの代わりに大混乱を生み出しているのです。どうしてこうなったのでしょうか?どうして私達は忘れてしまったのでしょうか?

それは長い物語です。私達の2つのうちの片方が、社会で価値を認められ感謝されたとき、その極は自らの衝動に従うようにサポートされ、また失敗しても再び挑戦するように勇気づけられていました。このようにして、自らが楽しんでしていたことに熟練していったのです。すると世間で「成功」するために、自らを表現するためのより大きなスペースが必要になりました。新しいプロジェクトをやり遂げるために、より多くのエナジーが必要になったのです。自然と、それは反対側の極の方を向いて、余分なエナジーとスペースを提供してくれるようにお願いしました。

2つ目の極は、こういうことを何度もしたことでしょう。時々は気前良さから、また時々は恐怖から。いずれにせよ、それは間違いでした。それぞれが、彼自身または彼女自身のペダルを踏まないといけない自転車に乗っていたのですが、今や彼らは2人とも同じ側の1つのペダルしか踏んでいないのです。遅かれ早かれ、その自転車は転倒して壊れてしまう運命にありました。

このグループは、私達の内なる男性と内なる女性の本当の意味でのバランスと愛からの統合を教えます。彼らはお互いを助けるというアイデアを落とさなければなりません。その代わりに、それぞれの人物(男性または女性の)は、内側に入るように招待されます、最も内側にある存在とのコンタクトへと。その場所では、愛からやってくる衝動とコンタクトすることができるのです。

自然と男性の衝動は女性のそれとは異なるものになるでしょう。なぜなら自然な性質が異なるからです。典型としては、彼はより外向的でお祝い気分であり、彼女はより内向的で深いのです。彼は音を立てて祝福し、彼女は沈黙と共に深く入っていきます。内側の源泉とつながっていることの美しさは、それぞれの人が、いつスポットライトを浴びるのが正しタイミングで、いつステージを降りているのが、正しいタイミングかを知っていることです。彼らはお互いを交代します。ある瞬間には与えていて、別の瞬間には受け取っています。このようにして、彼らは自然な親密さを見つけ出します-デリケートな感受性と、無垢さと、感謝が混ざった親密さを。

私達の2つの部分は、お互いの行動から源泉の香りを感じると、自動的にリラックスするのです。このリラクゼーションは、片方がもう片方に妥協することから起きるのではなく、それぞれが、自分の最奥の本性から沸き起こることが、2人の間の親密さにとって不可欠だと信じることによって起きるのです。するとすぐに、同じ親密さが外側のパートナーとの間に反映されるでしょう、あたかも内側の変化が周囲の世界全体を変えたかのように。

日程 2017年

  • 9月15日(金)~19日(火)*18日(月)は祝日
申請 サガプリヤ ワークショップ  >>

講師 マ・サガプリヤ
対象 どなたでも参加いただけます
回数
  • 全5回 10:30-18:00(最終日17:00)
  • 通いです
費用
  • 早割価格:129,600円(税込 8/14までにお振込の方)
  • 通常価格:138,240円
  • 食事代、宿泊代は含まれていません
服装
  • 動きやすい服装
  • 室内履き
会場
その他 キャンセル規定

  • 外国からの講師なので、今回は次のキャンセル規定とします。
  • お振込みの有無に関わらず予約されてから1週間前まで30パーセント、1週間前から 前日まで50パーセント、 当日100パーセントとなります。

会場地図

 

 

 

 

 

 

 

このワークショップについて

「内なる男性、内なる女性:選んでいるのは誰?」どちらか片方の側が、両側のために人生の選択をしているかどうかと、その理由について、明確に知ることができます。良い最初の一歩ですが、もし両極の間に何か緊張関係があると判明した場合、解決するための時間としては、おそらく短すぎます。その後、その解決にワークしていきます。それこそが、「親密さ~内なる男性と女性が出逢うとき」なのです。

そのときに起こる千差万別、あらゆるパターンを、サガプリヤが紐解きます。だからこそ、5日間のコミットが必要です。また、今まで、全くこのスターサファイヤサイキックマッサージのワークに参加されたことのない方は、まてぃによる7月のスターサファイヤ3回シリーズサイキックマッサージ・インテンシブなどのワーク、または、個人セッションを受ける必要があります。このワークの前に、内なる男性性と女性性にコンタクトしておく必要があるからです。お問い合わせください。

関連ページ

 

 

2017年 サガプリヤ来日情報 その他

  • ナイトイベント 9月13日(水) マザーズオフィススタジオ(東京・中野)

 

マ・サガプリヤ Ma. Sagarpriya

アメリカのワシントン州タコマ生まれ。長年にわたってクラシックピアノとヴィオラを学びました。そこで身につけたスキルを発展させて、現在のボディワークの施術に応用しています。カールトン大学卒、哲学専攻。

カルフォルニア州ビッグ・サーのエサレン研究所にて2年ほど働き、マッサージに対する関心が高まりました。うち1年はエサレンマッサージ部門の主任を務めました。

その後、コロラド州ボルダーに移り、アメリカ、カナダ、ヨーロッパの各地でエサレンマッサージやサイキック・マッサージを教えるようになりました。1977年、インドの神秘家であるOSHO(和尚)のもとで学びマ・サガプリヤという名前を受けました。

サガプリヤは30年間、カウンセリングとボディワークを通してセラピストのトレーニングをリードしてきました。彼女はサイキックマッサージとスターサファイヤ(サイキック・マッサージを基礎とし、ゲシュタルト療法の手法を応用したセラピー)の創始者でもあり、これまでに「サイキック・マッサージ」(1975年)「マスターズ・タッチ」(1995年)という2冊の本を著しています。2001年より、イタリアに移転し、サイキック・マッサージとスターサファイヤのトレーニングを仲間とともに開催しています。


関連記事

    関連記事はありません