toggle

瞑想リトリート

 

瞑想とボディワークの2日間

 

緑豊かな藤野で瞑想リトリート

新緑の季節、緑豊かな藤野でのんびり瞑想リトリートはいかがでしょうか。サイキックマッサージの石村まてぃとカリアンのリードで、ガイド瞑想と快適ボディワークを楽しみます。ご希望の方は藤野の温泉もどうぞ。

 

講師 石村まてぃ、カリアン
月日 2016年4月9日、10日
時間 4/9: 11時から18時、4/10: 10時から17時
会場 神奈川県JR藤野駅周辺 お申込の方へお知らせします
費用 19,440円(宿泊、食事、温泉別)
*1日のみの参加は11,880円です。
宿泊 1泊4000円程度を予定
問合&申込フォーム

 

瞑想リトリート タイムテーブル

4月9日
11:00 集合
11:30 ガイド瞑想&脊柱とチャクラのワーク
13:00  昼食
14:30 瞑想カウンセリング
16:00 クンダリーニ瞑想
18:00 解散 その後希望者は夕食(バーベキュー)&温泉(希望者)

4月10日
10:00 モーニングメディテーション
11:30 メンタスティックス&床で行うボディワーク
13:00 昼食
14:30 瞑想とシェアリング
17:00 解散

 

◎会場、宿泊について
・神奈川県相模原市旧藤野町、JR藤野駅周辺。お申込方へ会場案内をお送りします。
・JR藤野駅周辺の施設を利用します。1泊4000円程度を予定しています。

◎持ち物
・やわらかで動きやすい服装、ヨガマット(または床に横たわるためのマット)
・宿泊先は布団だけなので、歯ブラシ&タオル、パジャマなどの宿泊セットをご用意ください

 

講師 石村まてぃ(サイキックマッサージ認定トレーナー)

石村まてぃ1988年にインドに渡り、精神世界の探求に入る。その後、サガプリヤが創始したサイキックマッサージ及びスターサファイヤのワークに出会い、トレーニングをインドやイタリアで数多く受講して後、アシスタントとしての経験を重ねて、創始者直伝・日本で最初のサイキックマッサージのトレーナーに認定されました。

 現在、これらのトレーニングやグループのリードをはじめ、幅広く活躍しています。ボディワークとしては、ホリスティックマッサージやクラニオセイクラルバランシング、意識に働きかけるものとしては、ガイド瞑想やヒプノシスなど、様々なトレーニングでの経験を活かし、クライアントの状況や参加者のエネルギーなどに応じて、的確で自在な個人セッションやグループワークを行っています。

講師 中安一成 カリアン(サイキックマッサージ セッションギバー)

ベルティナの中安20代より体に興味を持ち鍼灸、経絡指圧、整体法を学びました。その時期にインドの神秘家OSHOよりSw. Nirav. Kalyan(ニラーブ・カリアン)の名前をいただきました。松が丘鍼灸指圧治療室を開設し、妊娠中や産後の女性、小さな子どもたちへの治療活動を行いました。

瞑想と身体の探求のなかでシュタイナー思想、占星術、アロマテラピーと出会いマザーズオフィス(アロマテラピーの学校)を運営し、エサレンマッサージ、トレガーアプローチ、コンシャスタッチなどのボディワークを実践しました。現在はサイキックマッサージの石村まてぃのもとでサイキックマッサージトレーニングをオーガナイズしています。

 

 

瞑想リトリート プログラム

◎初日の内容 中空の竹のガイド瞑想とサガプリヤ式マッサージから背骨のワーク

今回の瞑想リトリートは、ボディワークと瞑想です。

「身体から始めよう」 最近、ここに戻ってきています。

身体に繋がることで、瞑想に入りやすくなります。

始まりは、「中空の竹」のガイド瞑想から入ります。

新緑の春・・・種が芽吹き、すくすくと育つ時期です。

あたかも、自分が若竹のように、まっすぐで、そしてしっかりと根を張り、

天に向かって伸びていく・・・そのイメージを使いながら、瞑想を体感します。

その後、サガプリヤ式マッサージから背骨へのワークです。

サガプリヤ式マッサージは、

身体の流れに沿ってマッサージするだけで、回路を開くマッサージといわれています。
水路に水を通したときに、詰まっているところが、水力によって流されていきます。
あなたの健康なるリソースに繋がり、その流れが尾骨・仙骨・腰椎・胸椎・頚椎とエネルギーを通し、活力を与えてくれます。

すべては背骨に働きかけ、尾骨から仙骨、腰椎、胸椎、頚椎とエネルギーを上げるための準備です。

そして尾骨から仙骨あたりは第一チャクラと呼ばれ、サバイバル・生存・生命エネルギー・お金と関わっています。そこに滞りがあると、エネルギーが停滞し、うまく流れません。

着衣で背中全体に触れ、背中を緩め、そして、背骨にワークしていきます。

ワークした後では、チャクラの状態も変わり、より第一チャクラのグラウンディングや
そこから背骨を上がるエネルギーの活力を感じるでしょう。

瞑想シェアリングでは、

チャクラブリージングやチャクラサウンド瞑想などを体験し、質疑応答やシェアリングをします。

自分の感情・フィーリング・思考などを受け入れること、また意識の光で照らすこと・・・

リソースに繋がり、問題と感じていることに気づきを充てることなどを体験します。

 

◎2日目の内容 メンタスティックスと床で行うボディワーク

瞑想リトリートの二日目はメンタスティックスと床で行うボディワークです。メンタスティックスとはトレガーアプローチのミルトン・トレガー博士が開発したセルフケア法です。

これはメンタルとジムナスティックスを合わせた造語でそのまま訳せば精神的な体操ですが、意味としては動きに意識を向けること、感じながら動くことです。簡単なのでちょっとやってみましょう。

もっとも代表的でシンプルなメンタスティックスに左右シフトがあります。これは足を骨盤の幅程度に開き、体を左右に動かすというものです。 メンタスティックスではこのシンプルな動きの中にいろいろな遊びの要素を取り入れます。

 

たとえば

  • 左右に動くと足の形はどのように変わるだろうか?
  • 足の甲の骨の動きを感じながら動いてみるってどんな感じだろう?
  • もし足の指の間から泥がムニュウと出てくるってどんな感じだろう?
  • 海中の海草のように揺れるってどんな感じだろう?

 

質問する
メンタスティックスでは質問をすることで感覚の可能性を広げます。このとき質問をする対象は体です。頭や思考ではありません。考えるのではなく、体が回答を示すのを待ち、その回答を受け入れます。

 

質問はさらに続きます

  • もっと軽くやるってどんな感じだろう?
  • もっと楽にやるってどんな感じだろう?
  • もっと柔らかく、もっと少なく(努力が)、もっと美しく‥‥。

 

まだまだ続きます

  • もっと遊び心に満ちてやるってどんな感じだろう?
  • もっと内なる静けさと共にやるってどんな感じだろう?
  • もっと自分を感じながらやるってどんな感じだろう?

 

ポーズ
ポーズとは小休止、間をとることです。メンタスティックスを数回行ったらポーズを取ります。動きを止めることで、体に感じる時間を与えます。動きの響きが体に広がるのを感じます。ポーズを繰り返しとることはメンタスティックスをより豊かなものにします。

 

メンタスティックスいかがでしたでしょうか。トレガー博士はこのワークの体験を「リラクセーションを越えた平和な感覚」と呼びました。瞑想リトリートではこの左右シフトのほかさまざまな種類のメンタスティックスをご紹介します。

 

床で行うボディワーク
メンタスティックスのあとは床で行うボディワークを楽しみましょう。主なテクニックは圧迫法とロッキングテクニックです。圧迫法は主に手の平を使います。力ではなく体の重さを使うので与え手の体にも負担はかかりません。心地よい圧で体を芯から弛めましょう。

もうひとつのロッキングテクニックは体を揺らすボディワークです。体は揺らされると固さを手放して柔らかくなります。体の中の水の要素を思い出して、小さな揺れが波紋のように体に広がります。

今回はヨガマットを使って床で行うボディワークです。マッサージテーブルは使わないのでとても手軽で場所を選びません。シンプルなので自宅や外出先でも楽しめます。

 

床で行うボディワーク