toggle
2016-09-14

完結 2016年サイキックマッサージ体験シリーズ


瞑想のスペースから行うマッサージ

 

サイキックマッサージデモ

 

スピリチュアルなボディワーク

7月から月1ペースで始まった「サイキックマッサージ体験シリーズ スピリチュアルなボディワーク」が9月に完結しました。

このプログラムは初めての方にサイキックマッサージをご紹介するためのものです…と言いつつも参加いただいたみなさんの感度の高さと、その瞬間に合わせてプログラムをリードする石村まてぃ(サイキックマッサージ認定トレーナー)の相乗効果でプログラムの濃度はどんどん高まります。

今回も簡単な自己紹介から始まりました。思い思いにお話いただくなかに、生活・仕事・人間関係などのテーマが見えてきます。みなさんがサイキックマッサージに興味をもったのは、それぞれのテーマとサイキックマッサージの要素(気づき、自分がまとったエネルギー、男性性と女性性、瞑想)とつながりを感じたからなのでしょうか。

最終回のテーマは「根底にワークする サバイバルの根を太くする」です。これまでレゾナンス(瞑想とその体験の共有)、エネルギーリーディングと進んできましたので、その集大成です。今回は受け手のレゾナンスと気づきへのワークです。

デモのモデルは私が指名されました。マッサージテーブルに横になり、自分のイシュー(今回のセッションのテーマ)を告げ、インタヴュー、そしてリーディング、マッサージへと進みます。

実はリーディングの時間がとても心地良いのです。レゾナンスやエネルギーに意識を向けてもらうのですが、その時、自分とセッションギバー(サイキックマッサージの与え手)の間に生じた穏やかなバイブレーションに包まれていることを感じます。

その後にマッサージです。まてぃの手でマッサージを受けるのは久しぶりでしたが、そのタッチの心地よさは覚えていました。受けているうちに「ああ、そうなのだ」と思うことがありました。それは「まてぃがマッサージの対象にしているのはエネルギーだ」ということです。

もちろん筋肉などの軟部組織や骨(特に骨です!)を触れているのですが、意識を向けているのはそこにあるエネルギーです。だから心地よさも筋肉にタッチされている心地よさというよりも、エネルギーに関わっているという心地よさです。

短いデモセッションでしたが、私にとっては大きな体験でした。最後のシェアもシンプルでしたが心に響きました。

デモの後はみんなでサイキックマッサージのセッションです。まてぃのサポートを受けながら、自分と繋がること・リーディング・マッサージ・シェアリングと進んでいきます。初めてのことも多いので戸惑いながらではありますが、出てくるものにはそれぞれ真実があります。真実に出会うと、技術のあるなしなど関係なく感動が広がります。

このようにして今回のサイキックマッサージ体験シリーズも充実の時間でした。参加いただいたみなさんありがとうございます。

 

見て、聞いて、触れてみるサイキックマッサージ

Welcome to Psychic Massage

9月18日(日)サイキックマッサージをご紹介するイベントを企画しました。認定トレーナーの石村まてぃ、そしてサイキックマッサージのセッションギバーの方にも参加して、サイキックマッサージをいろいろな角度からご紹介いたします。

サイキックマッサージが気になっている方、ボディワークやスピリチュアルなワークに関心のある方、初めての方、久しぶりの方、セッションギバーの方、どうぞご参加ください

  • 日時:2016年9月18日(日)13時から17時
  • 会場:マザーズオフィススタジオ
  • 費用:無料
  • 服装:動きやすい服装
  • 持ち物:室内履き

詳しい情報と申込はこちらから

10月からは2016年サイキックマッサージセッションギバー認定トレーニングコースも始まります。関心のある方はこのイベントにどうぞご参加ください。

サイキックマッサージ


関連記事