toggle

サイキックマッサージ トレーニングコース

 

セッションギバーのための資格認定コース

サイキックマッサージトレーニングコース

 

サイキックマッサージ トレーニングコース

サイキックマッサージ トレーニングコースはサイキックマッサージのセッションギバー(施術者)のための資格認定コースです。

 

パート1

パート1ではインテンシブグループに続いてサイキックマッサージの基礎を学びます。コース全体を通して瞑想を深め、レゾナンスとエネルギーリーディングの体験を重ねて、このセラピーの感覚をよりクリアなものにします。またクライアントとの関係性やセッションの組み立て、サガプリヤのマッサージテクニックを学ぶことでセッションのクオリティを高めます。

パート1はセッションギバー(パート2のサイキックマッサージの施術者)のためのコースへと続くものです。同時にこのトレーニングは自分自身のために膜想の経験を深めたい方、自分自身でいることの深みを経験したい方にも学び体験できるようにデザインされています。

瞑想 自分自身であること、受容と無為のスペースでくつろぎます。
レゾナンス レゾナンスとは瞑想体験の共鳴です。瞑想のスペースで他者と出会います。
リーディング エネルギーとチャクラのリーディングの学び。それは直感を信頼すること。
エゴ 欲望と抵抗(ラクダ、ライオン、子ども)からエゴのメカニズムを学ぶ。
関係性 セラピストとクライアントの間で起こる関係性を探索します。
セッション 身体の関係性の根を探りセッションの組み立てワークの可能性を探ります。
マッサージ サガプリヤから伝授されたマッサージテクニックを学びます。

パート2

パート2はサイキックマッサージのセッションギパーになるためのコースです。実際のセッションを過してそのアートを学びます。

内なる男性性と女性性 私たちのなかにある両極の質を知り、それに働きかけます
セッションのアート レゾナンス、エネルギーリーディング、マッサージを統合
カウンセリング クライアントに滋養と洞察を与える話し方を学びます

2017年度サイキックマッサージトレーニングコース

◎パート1 日程

  • 前期 2017年11月23日から11月26日 4日間
  • 後期 2017年12月8日から12月11日 4日間
申込 サイキックマッサージ トレーニングコース >>
講師 石村まてぃ(サイキックマッサージ認定トレーナー)
対象
  • サイキックマッサージのインテンシブグループ受講の方
  • または2017年9月来日のサガプリヤのワークショップ受講の方
  • その他の方で受講希望の方はご相談ください
時間 10時から18時 全8日間
費用
  • 早割受講料 185,760円(2017年10月20日までお振込みの方)
  • 正規受講料 200,880 円
  • 再受講料 10,800円(1日あたり)
会場 マザーズオフィススタジオ(東京都中野)
交通
  • 西武新宿線新井薬師駅南口徒歩2分
  • または中野駅(JR・東西線)北口、関東バス10分、徒歩1分
その他
  • 1から2日間の欠席は補講いたします。ご相談ください。
  • 再受講は1日からでも受け付けています。

 

◎パート2 日程

  • 2018年3月を予定しています。
申込 サイキックマッサージ トレーニングコース >>
講師 石村まてぃ(サイキックマッサージ認定トレーナー)
対象 トレーニングコースパート1修了の方
時間 10時から18時 全8日間
費用
  • 早割受講料 185,760円(1/16までお振込みの方)
  • 正規受講料 200,880 円
  • 再受講料 10,800円(1日あたり)
会場 マザーズオフィススタジオ(東京都中野)
交通
  • 西武新宿線新井薬師駅南口徒歩2分
  • または中野駅(JR・東西線)北口、関東バス10分、徒歩1分
その他
  • 1から2日間の欠席は補講いたします。ご相談ください。
  • 再受講は1日からでも受け付けています。

 

トレーニングコース参加のみなさまへ

持ち物

  • シーツ 2枚(フラットシーツをご用意ください)
  • フェイスタオル 1枚以上
  • 室内履きまたはルームシューズ(裸足での受講はできません 底の柔らかなものをご用意ください)
  • 必要な方は体に羽織るもの(保温用)をご用意ください。
  • ご自身が使うためのマッサージクリームまたはマッサージオイル
  • くわしい情報はこちらをご覧ください。

 

服装

  • 動きやすい服装(半袖、柔らかな素材)をご用意ください。
  • ルームシューズをご用意ください(裸足での受講はできません)。

 

昼食

  • 昼食はご自身でご用意ください。
  • お弁当を持参の方は会場で召し上がっていただくことも可能です。
  • お弁当ケース、袋、ペットボトル、紙コップなどはご自宅へお持ち帰りをお願いします。
  • 会場周辺にはコンビニ、お弁当屋、レストランなどがございます。

 

動画撮影、録音、写真撮影について

  • 講習の動画撮影、録音はご遠慮ください
  • 主催者により写真撮影を行います。これらは広報用素材として使用されます。お顔が写りたくない方は当日、主催者にお申し出ください。