toggle
2016-10-08

光のマッサージ


サイキックマッサージのレゾナンス

サイキックマッサージ

光を拡げるマッサージ

サイキックマッサージはレゾナンスという〝心の落ち着き〟から人間の成長をサポートするワークです。

 

レゾナンスとは共鳴のこと、人と人との間で起こる瞑想の共鳴のことを言います。この瞑想の共鳴ということを何と説明したら良いのでしょうか。決して特別なことではなく、ほとんど誰もが体験していることです。

 

それは信頼と言えば信頼、平和と言えば平和、安らぎと言えば安らぎ、そしてそれを二人が同時に体感することを共鳴と言います。

 
それは自分だけのことではなく、もうひとりの誰かがそこにいて、それを共に体験することです。それが二人の間で起こるとき、それは二人分な訳ですから、それは二倍になります。もしかしたら、もっと何倍にも拡がる可能性があります。

 

二人の間に起こったことは、存在、今ここに在ること・臨在です。

 

トレーナーのまてぃの話や、クラスでみんながマッサージする様子を見ていたら、〝光のマッサージ〟という言葉が浮かんできました。

 

受け手と与え手の間に起こる何か、信頼であり、平和であり、安らぎである何か、それは二人の間に起こる体験です。サイキックマッサージは光として現れるレゾナンスを拡げるマッサージ、光のマッサージです。

 

このセッションで現れる光をもっとたくさんの言葉で表現すればよろこび、くつろぎ、暖かさ、受容、信頼、柔らかさ、拡がり、流れ、軽さ、簡単さ、遊び心、活力、静けさ、平和‥‥まだまだあります。実は普段の暮らしのなかにたくさんあります。

 

光の対極にあるものは孤立、支配、忙しさ‥‥などです。

 

セッションではリーディングに従って光を見つけ、それが拡がるようにサポートします。何かを変えることではないです。

 

身体という存在から発するさまざまな情報のうち、光やよろこび、拡がりに意識を向けてマッサージを行います。

 

サイキックマッサージ

 

サイキックマッサージ体験シリーズ

 


関連記事