toggle
2017-01-20

不思議なワーク サイキックマッサージ


 

サイキックマッサージ練習会

サイキックマッサージ練習会で思ったこと

先日、サイキックマッサージの練習会に参加しました。いっしょに学んだ仲間と共に練習して体験をシェアできることはとてもありがたいことです。

 

今回の練習会では久しぶりに受け手になることができました。心地よいマッサージを受けて、おしまいには飛び切りのメッセージも受け取ることができました。

 

思えば、サイキックマッサージって不思議なワークです。マッサージですから、サイキックマッサージもしっかりと体に触れてマッサージするのですが、同時にそこには日常の感覚を超えたもうひとつのスペースとのつながりがあります。

 

スピリチュアルな世界であれば、そのスペースにはいろいろな名前がつけられていると思いますが、ここでは一旦置いておいて、シンプルにもうひとつのスペースとしておきます。

 

でも、それは特別なものではなくて、情報の現れだと思っています。私たち人間は現実世界で生きるために、受け取る情報を絞り込んでいるのかもしれません。

 

そこでちょっといつもよりポカンとするといつもは見逃していた情報に気づくことができます。サイキックマッサージではその情報を扱います。ポカンとして全体を見ているとふっと注意を引くものがあります。

 

それを集中しすぎないようにしてただ受け取ります。集中するといろいろな判断が集まってきますから、それを損なわないようにただ受け取ります。

 

もしサイキックマッサージの終わりまで、受け取っていたものがそのまま残っていたら、それをメッセージとして受け手に伝えます。メッセージがないときもあります。でも、それはわるいことではありません。

 

さて、今回の練習会ではぼくも素敵なメッセージをいただきました。今、思い出しても心が暖かくなります。たぶん、今、一番必要なメッセージだったと思います。与え手からしてみれば、なんとなく体から感じただけのものかもしれませんが、ぼくにとっては大切なものでした。

 

不思議なワーク、サイキックマッサージに感謝したいと思います。

画像はいつもお世話になっているふじのアートヴィレッジのフェアトレードのショップ、藤野ライトハウスさんです。

 


関連記事