toggle
2017-10-25

サイキックマッサージと信頼


 サイキックマッサージ 場を信頼する

エネルギーワークの質

前回のサイキックマッサージの練習会、なかなか面白かったです。例によって最初はおしゃべりから始まりました。

 

 

参加メンバーの中に、エネルギーワークに詳しい方がいて、その方との会話が僕の興味を引きました。いろいろなやりとりのなかで出てきたキーワードは〝信頼〟です。

 

エネルギーワークのクオリティを高めるのは何かというと、それは信頼です。

 

サイキックマッサージにもエネルギーワークの要素があるので、この辺りは気になるところです。

 

ただ信頼という言葉は美しいのですが、何を信頼するかによって、その美しさも、いかようにも姿を変えます。

 

なぜなら宇宙には、そしてそのエネルギーには善も悪もないからです。

 

それでは何を信頼するのでしょうか。

 

 受け手? 自分? これらはすべて信頼の対象ですが、もうひとつは〝場〟です。その場で起きること、セッションの場、そこに降りてきた場を信頼することがエネルギーワークのクオリティを高めます。

 

その場、そのフィールドとの繋がりができると、その他の技術的なこととは関係なしに物事が起こり始めるのです。

 

練習セッションへ

そんな会話の後に、サイキックマッサージの練習セッションをしました。先ほどの話のこともあったので、その空間、その場全体に意識を広げました。だからといって、そんなに大変なものではなく、言葉を変えればポカンとした状態になって、その場に居たという感じです。

 

あとはリーディングに従ってマッサージを行います。サイキックマッサージでは実際に受け手の体に触れてマッサージを行い、そこに在る光(レゾナンス)を見つけ、その光を広げます。

 

リーディングを元に進めていくのですが、マッサージの途中でもいろいろなエネルギーを感じます。今回、そこに出てきたものはチョウチョ(蝶)でした。

 

野原を花から花へと飛ぶ蝶です。フワフワとまるで浮かんでいるように飛んでいます。

 

蝶…。そこから浮かんできた言葉は〝軽さと喜び〟でした。蝶のように軽く、花に出会うことの喜び…。そうか、軽さと喜びを信頼するのかと思いました。

 

場を信頼する、その場に起きたものを信頼するとは、少々重い印象を感じていたのでしたが、実際、そこに起きたものは真逆の〝軽さと喜び〟でした。

 

なんだかそのギャップが面白くて愉快な気持ちになりました。サイキックマッサージ、やっぱり面白いです!

 

関連ページ

関連記事